日水製薬株式会社

文字サイズ変更

標準

拡大

サイトマップ

お問い合わせ

English

内部統制

基本的な考え方

取締役の職務の執行が法令および定款に適合していることを確保するための体制は、内部統制システムの基本方針を内部統制方針書に定め取締役会で決議されております。
内部統制システムの整備・運用状況は、内部統制方針書に基づき適切に整備・運用されていることを評価しております。

具体的な設備状況は以下のとおりです。

1 取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

1)役職員の職務の執行が法令および定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、倫理憲章、環境憲章、倫理行動規範を定め、それを全役職員に周知徹底させております。

2)倫理行動規範の徹底を図るため、倫理リスクマネジメント委員会を設置し、全社のコンプライアンスの取り組みを横断的に統括しております。

3)倫理リスクマネジメント委員会はコンプライアンス・プログラムを策定し、研修、マニュアルの作成・配付等を行うことにより、役職員に対し、コンプライアンスの知識を高め、コンプライアンスを遵守する意識を醸成させております。

2 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

取締役会議事録、稟議書その他重要な意思決定および報告に関しては、文書管理規程に基づき保存、管理しております。

3 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

1)リスク管理を統括するため、倫理リスクマネジメント委員会を設置し、リスク管理を体系的に規定するリスクマネジメント規程を定め、リスク管理体制の構築および運用を行っております。

2)各事業部門は、それぞれの部門に関するリスク管理を行っております。各部門の長は、定期的にリスク管理の状況を倫理リスクマネジメント委員会に報告しております。

3)倫理リスクマネジメント委員会の責任者は、リスク管理の状況をまとめ取締役会に報告しております。

4 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

1)取締役会は、経営の執行方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要な事項を決定し、業務執行を監督しております。取締役会は原則として毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営方針や経営戦略に関わる重要事項について慎重かつ迅速に審議しております。

2)取締役等によって構成される経営会議において、業務執行に関する個別経営課題を実務的な観点から協議しております。経営会議は原則として毎月1回以上開催しております。

中期事業計画を定め、会社として達成すべき目標を明確化するとともに、定期的な進捗管理を行っております。

5 当社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

1)日水製薬グループとしての倫理憲章、環境憲章、倫理行動規範を定め、コンプライアンスや情報セキュリティ等の理念の統一を保っております。

2)法令違反その他のコンプライアンスに関する事実について、取締役・使用人が直接情報提供を行う手段として、日水製薬グループ内通報制度(ホットライン)を設置し、運用しております。また、当社が設置しております目安箱(企業倫理ホットライン)も、当社を含むグループ企業各社が活用しております。
なお、いずれのホットラインにおいても、通報者に対する不利な取り扱いを禁止しております。

6 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制

監査役会は、監査の実効性の確保の観点から必要と認められる場合は、使用人を補助者として置くことを決議し、当該体制を整備する監査役監査基準を定めております。

7 上記の補助使用人の取締役からの独立性に関する事項およびその補助使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

上記補助者がその業務に従事している期間は、監査役の指揮命令に従うものとし、人事評価に関しては監査役会の事前の同意を得ることになっております。

8 取締役および使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

1)取締役および使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生しまたは発生するおそれがあるとき、役職員による違法または不正な行為を発見したとき、その他監査役会が報告すべきものと定めた事項が発生したときは、監査役に報告することとしております。

2)業務執行する取締役は、監査役と協議の上、必要に応じ、担当する部門のリスク管理の状況について報告することとしております。

3)当社は、前各号の報告をした者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を周知徹底しております。

9 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続きその他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項

当社は、監査役の職務上必要と認める費用について、あらかじめ予算を確保しております。また、監査役は、職務の執行にあたり緊急または臨時に支出しなければならなくなった費用その他当該予算に含まれない費用について、事前または事後的に当社に請求することができ、当社はこれを速やかに支払うものとしております。

10 その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

1)役職員の監査役監査に対する理解を深め、監査役監査の環境を整備するよう努めております。

2)監査役会は代表取締役、会計監査人との定期的な意見交換会を開催し、また、内部監査担当部門との連携を図り、適切な意思疎通および効果的な業務監査の遂行に努めております。

11 財務報告の信頼性を確保するための体制

当社は、財務報告の信頼性の確保を企業経営の重要課題と位置づけております。当社に所属するすべての者が積極的に取り組み、社内に有効な内部統制システムを整備し、効率的な運営を行っております。

詳細はこちらをご覧ください。
コーポレートガバナンス報告書(証券コード:4550)