日水製薬株式会社

文字サイズ変更

標準

拡大

サイトマップ

お問い合わせ

マネジメント

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス報告書(2017年6月27日更新)(5.3MB)

リスクマネジメント

基本的な考え方

当社は、内部通報制度に関する社内規程を制定しております。役員および従業員に対し当社業務運営に係る法令違反行為、もしくは違反のおそれがあると思われる場合は速やかに報告する事を要請するとともに、役員および従業員等が社内・社外の窓口に直接通報できる企業倫理ホットラインを設置しております。外部窓口に通報された内容は日本水産株式会社の倫理委員会に伝達された後、原則として当社に情報伝達され、倫理リスクマネジメント委員会でその対応等を判断しております。

さらに当社は、外部を窓口とした内部通報窓口を設置しております。また、社内には倫理リスクマネジメント委員会を設置し内部通報に関する社内規程を制定して通報者が保護されるよう体制を整備しております。

リスクマネジメント体制

リスク発生の未然防止およびリスク管理体制は、コンプライアンス部門や内部統制部門を設置し構築しております。

コンプライアンス部門は、当社役職員が取るべき行動規範を制定し浸透を図っております。また、内部統制部門は、財務報告に係る内部統制が機能しているか監査・確認を行い、全社的な内部統制の状況および業務プロセスの適正性をモニタリングしております。監査等の結果については、業務執行取締役へ随時報告を行っております。

BCP対策

災害など経営におけるリスク発生時の影響を最小限に抑え、事業を早期に復旧、継続していくためのBCP(Business Continuity Plan)を制定し、リスクの回避、低減に努めています。

情報管理

当社が事業を通じてステークホルダーの皆様からいただいた個人情報は、皆様の大切な財産です。そのため、当社は、プライバシーポリシーを定め、皆様からお預かりした個人情報を適切に管理しています。個人情報保護の取り組みとしては、監査の実施、個人情報を委託する際の適切な委託先の選定、個人情報保護の覚書の取り交わしなどを行っています。

コンプライアンス

基本的な考え方

当社は、お客様や株主、そして社会から信頼される企業になることを目指し、コンプライアンス活動を推進しています。

反社会的勢力への対応

「反社会的勢力からの要求には応じない。反社会的勢力との関係は断絶する。」という方針を従業員に徹底しています。

コンプライアンス教育

昇格時や職層別の研修の中で各種コンプライアンス項目を織り込んで実施しているほか、従業員に対してe-ラーニングを実施しています。さらに、各部署での自主的な勉強会なども実施しています。