日水製薬株式会社

文字サイズ変更

標準

拡大

サイトマップ

お問い合わせ

English

日水製薬オープンイノベーションプログラム NeyeS 募集要項

探索領域

検査・検出技術(感染症関連技術を優遇)
高感度・低侵襲・迅速な検出技術、現検査法の代替技術、検査への分析技術の応用

(重点募集テーマ)
・非侵襲且つ迅速検査を実現するバイオマーカーやデバイス
・従来の検査・検出方法に替わる技術やデバイス
・微生物や細胞の分析技術

細胞の培養・再生医療関連技術
細胞の生育・分化・保存等に関連する研究、品質評価、バイオ医薬品の高度製造技術

(重点募集テーマ)
・再生医療等製品の品質評価・管理に関する研究、技術、検査系
・細胞培養等への応用が期待される非動物由来成分に関する研究、技術
・細胞の大量培養を目的とした培地、培地成分、器材に関する研究、技術、デバイス

次世代技術に関する研究
新規素材、代替素材、在宅検査、既存技術の他分野への応用、SDGs、IoT、AI

(重点募集テーマ)
・新規素材、代替素材に関する研究・技術
・在宅で行う検査項目に関する研究や検査デバイス

募集要項

2022年度 日水製薬オープンイノベーションプログラム

趣旨 新事業領域への取り組みの発端として、将来有望と考えられる研究プロジェクト、独創的かつ萌芽的なアイデアなどを早期に発掘すること、当社の経営方針、研究開発方針に沿って実用化に通じる再生医療関連技術、細胞培養関連シーズ、検査・検出技術などの共同研究を通じて創製するオープンイノベーションを展開することを趣旨としています。
対象者
  • 国内の公的研究機関・大学等に所属している研究者または研究の代表者
  • 若手研究者(2023年4月時点で40歳以下。)を優遇します。
    (企業所属の研究者、個人からの応募はご遠慮頂きます。)
対象研究テーマ 探索領域をご確認ください。
研究期間 原則として、2023年4月1日から1年間です。
研究費・件数 1件あたり200~500万円で、年間5件程度を予定しています。
応募方法 詳細は確定次第公表いたします。
選考基準 詳細は確定次第公表いたします。
選考スケジュール
応募期間:

2022年9月1日~10月31日

一次選考:

申請書類に基づく選考
一次選考結果は2022年12月下旬までに応募者に通知いたします。

二次選考:

2023年1月中旬からを予定しております。
一次選考を通過した研究テーマに対し、応募者によるプレゼンテーション、質疑応答を行っていただきます。
二次選考結果は2023年1月末までに通知いたします。

契約の締結 二次選考の結果、採択された研究テーマについては、ご所属の研究機関との間で共同研究契約を締結させていただいた後に、研究を開始いたします。
注意事項 詳細は確定次第公表いたします。
お問い合わせ 専用メールアドレス(neyes@nissui-pharm.jp)からご連絡をお願いいたします。

応募書類

詳細は確定次第公表いたします。

よくあるお問い合わせ

Q1
NeyeSの名前の由来は何ですか?
A1
Charles Robert Darwinは自身の進化論の中で、“生物は不変のものではなく、長い時間をかけてゆっくりと次第に変化してきたが、5億4300万年前のカンブリア紀に生物は突如、爆発的に進化した(カンブリア爆発)。”という急激な生物の進化に対して疑問を呈していました。近年の研究により、その理由の一つとして眼の誕生により、生物が急速に繁栄し進化した事が挙げられています。
当社の再生医療の関連技術をはじめ検査・検出・技術までを研究テーマとして、「眼(Eye)= 芽(Seeds)」を探求することにより、医療分野の将来を加速的に躍進したいという思いを込めて名付けました。
Q2
若手研究者について教えてください。
A2
2023年4月時点で、40歳以下の方が対象となります。

その他のお問い合わせ内容は下記よりご確認ください。

専用メールアドレス(neyes@nissui-pharm.jp