日水製薬株式会社新卒採用情報

再生医療への挑戦

培地開発と遺伝子検査技術を再生医療分野へ生かしていく

皆さんは「培地」をご存知ですか?代表的なのは、シャーレに入った寒天状のもので、研究者が細菌を培養するシーンなどを見たことがあるでしょう。その培地が、さまざまな種類のヒト細胞を必要とする再生医療ではとても大きな役割を担います。それは、細胞培養の成功や細胞の品質は培地によって決まるからです。当社はいま、細菌検査や細胞研究のために多種多様な培地を開発してきたノウハウを生かして、再生医療の現場に安全性が確保された培地を提供していこうとしています。また、細胞が細菌に汚染されていないかを確かめる安全性検査についても、遺伝子検査の技術を駆使し、スピーディに解析できる方法の確立に挑戦しています。

オープンイノベーションで企業、大学と連携

当社は、複数の企業や大学・研究機関と連携して共同研究を進め、すでに成果もあげています。細胞に害を及ぼすマイコプラズマという微生物を高感度に検出するキット「MycoFinder」はその一例です。目下の目標は、各種の細菌やウイルスの有無を素早く見つけられる試験法を完成させること。その先は、培地から検査方法までをパッケージにした製品の開発を目指しています。
田中善孝さん

Message

新しいことに挑戦したい人にとって
大きなやりがいのある会社です。

日水製薬が大切にしているのは、既成概念にとらわれない自由な発想です。「異なる技術を融合させ、新たな価値をもった製品を生み出したい!」そんな意志をもった皆さんに、ぜひ我々の研究チームに加わってほしいですね。

田中善孝さん

※役職・部署は取材当時のものです。

日水製薬のDNA